トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

リリースノート の変更点

Top / リリースノート

[[Top]]

***Ver1.2.2 [#p09c7a17]
***Ver1.2.2 -2011/07/18 [#p09c7a17]
+ホストごとに端末設定できる機能を追加。使い方は今のところ@h13i32maruさんの記事を参照-> http://t.co/sayJyBt

***Ver1.2.1 [#m6dab53b]
+FIrefox5に対応

***Ver1.2.0 [#lcd09d50]
+β版で提供していたタブごとに端末を設定できる機能を追加。ツール->オプションのメニューから有効・無効の切り替えが可能です。
+絵文字表示時のXSS脆弱性を修正

***Ver1.1.15 -2011/03/30 [#z7ab1bd5]
+docomoのオープンiエリア送信画面のXSS脆弱性を修正しました。

***Ver1.1.14 -2011/03/29 [#z7ab1bd5]
+docomoのオープンiエリア、およびauの位置情報送信画面のXSS脆弱性により、悪意あるWebサイトが、PC上の任意のプログラムを実行できてしまう問題を修正しました。

***Ver1.1.13 -2011/03/28 [#z7ab1bd5]
+ホスト制限設定値を削除した際に、端末設定が削除されてしまうバグを修正

***Ver1.1.12 -2011/03/26 [#z7ab1bd5]
+Firefox4に対応

***Ver1.1.11 -2010/03/28 [#l4d7937b]
+iモードブラウザ2.0のCookie送信に対応
++docomo端末の端末設定画面でCookieの有効・無効を切り替えられるように変更
+iPhoneでx-jphone-uidを送信してしまうバグを修正


***Ver1.1.10 -2010/01/22 [#r8141bcf]
+Firefox3.6に対応

***Ver1.1.9 -2009/08/18 [#q8a35b38]
+特定のURL(ドメイン)だけで端末選択機能が有効になる機能を追加。
+端末ごとにUIDなどの個体識別番号を設定する機能を追加。

詳しい使い方は[[FireMobileSimulator1.1.9リリースノート]]をご覧ください。

***Ver1.1.8 -2009/06/19 [#g81b5d1c]
+回線が細いPCの場合、端末追加画面でタイムアウトのために端末一覧が表示されない問題を修正。

***Ver1.1.7 -2009/05/27 [#we71b5d6]
+FirefoxアドオンMinimize To Tray Enhancer導入時に、FireMobileSimulatorでdocomo端末とSoftBank端末が選択できなくなる問題を修正しました。

***Ver1.1.6 -2009/05/20 [#k8ee1b41]
+1.1.5の修正によってレイアウトが崩れる不具合を修正。1.1.5の修正点を一旦ロールバックした。

***Ver1.1.5 -2009/05/18 [#u18d21f7]
+見栄えをより携帯実機に近づけるために、半角英字が連続する長い文字列が存在する場合の禁則処理を無効にする対応を実施。

***Ver1.1.4 -2009/05/10 [#m5fb86b0]
+オプション設定から手動でdocomo端末を追加した際に、不正なUserAgentを送信してしまうバグを修正。
+オプション設定からキャリアがOtherの端末を追加できないバグを修正。

***Ver1.1.3 -2009/04/12 [#a8ab4a52]
+/hoge.html?guid=ON#fugaのようなアンカー付きのURLにiモードID(guid)やUIDが送信されないバグを修正。

***Ver1.1.2 -2009/02/09 [#w003a309]
+docomo mova端末のUser-Agent末尾に不要な")"が含まれてしまうバグを修正。

***Ver1.1.1 -2009/02/03 [#j8de6ea7]
+テキストフィールド入力中にもアクセスキー判定してしまうバグを修正。

***Ver1.1.0 -2009/02/01 [#za4fed8c]
+3キャリアのaccesskeyに対応
+メニュー順番の入れ替え

***Ver1.0.0 -2008/12/24 [#za4fed8c]
+端末情報データベースからの端末追加機能
+端末情報で任意のHTTPヘッダ編集可能とした
+端末情報にタイプ属性を追加
+既存端末でもキャリア属性を変更可能とした

***Ver0.2.1 -2008/11/16 [#y7ed261b]
+アドオンの自動バージョンアップデートに対応

***Ver0.2.0 -2008/09/30 [#v23adfd9]
+スクリーン横幅のシミュレート機能追加
+Optionsの端末設定項目にスクリーン横幅・高さを追加
--ただし高さの指定は現状機能しない
+端末選択時にフォントを強制的に等幅に変換
+ブラウザ終了時に端末選択を解除する/しないをOptionsから切り替えられるように修正
+ページ内に<img src="http://example.com/?uid=NULLGWDOCOMO">と指定した場合、ブラウザのURL自体がhttp://example.com/?uid=(設定されたUID)に書き換わってしまうバグを修正
--ただし今のところimgのsrc属性等でuid=NULLGWDOCOMOやguid=ONを指定するケースではuidやiモードIDを送信できない
+Optionsの端末編集画面で編集した際に、その端末が選択状態になってしまうバグを修正
+他アドオンと競合しないようにプログラムの名前空間を見直し

***Ver0.1.4 -2008/09/22 [#l37e9d52]
+ライセンスをGPLに変更
+対応するFirefoxのバージョンを2.0-3.0.*に変更(今までは1.5〜としていたものの、実質テストできていなかったので)
+Macでメニューバーから端末を選択しても、defaultにチェックがついたままになるバグを修正 

***Ver0.1.3 [#f1f93e5b]
欠番

***Ver0.1.2 -2008/09/18 [#i66e91ad]
+絵文字のimgタグ変換のオンオフをOptionsメニューから切り替え可能とした
+ツールバーにアイコンボタンを配置せずにメニューから端末を選択した場合、アイコンが切り替わらないバグを修正

***Ver0.1.1 -2008/09/16 [#d5aa322c]
+ページをブックマーク時にブックマークマネージャが開かなくなるバグを修正

***Ver0.1.0 -2008/09/12 [#oc914d9a]
+絵文字完全対応
+ツールバー上にボタン配置可能(表示->ツールバー->カスタマイズでボタンを追加可能)
+メニューにアイコン追加
+以下の位置情報送信機能に対応(緯度経度などの情報はOptions->位置情報設定から設定可能)
--DoCoMoのオープンiエリア機能
--DoCoMoのGPS機能
--Auの簡易位置情報送信機能
--AuのEZナビ位置情報送信機能
+WMLの一部に対応
--<wml:anchor><wml:spawn href="xxx">
--<wml:onevent type="onenterforward"><wml:go href="xxx">
+HTTPSへのiモードID・UID送信制限
+DoCoMo端末のCookie送信制限
+終了時・アンインストール時に設定をクリアするようにした
--端末設定を選択したままアンインストールすると端末設定が元に戻らない不具合に対応するため
+Option設定の見栄え改善
+POSTメソッドでDoCoMoのUIDが送信できない不具合対応
+端末追加ダイアログでキャンセルボタンを押下しても、新規端末が一覧に追加表示されてしまう(実際には追加されていない)バグを修正

***Ver0.0.5 -2008/09/06 [#xe5fc882]
+SoftBankで[1]や[3]などの一部絵文字が正しく表示されないバグを修正

***Ver0.0.4 -2008/08/31 [#i1813896]
+Au絵文字でimgタグにlocalsrcやicon以外の属性があると絵文字に変換できないバグ修正
+Au絵文字でimgタグのlocalsrcやiconの属性値が0パディングされていると絵文字に変換できないバグ修正
+Au端末でHDMLのnodisplayカードに対応
+画像や音声などのファイルをブラウザ内再生・表示できないバグを修正
+デフォルトの端末リストにiPhone 3Gを追加

***Ver0.0.3 -2008/08/26 [#w674bd55]
+Optionメニューに端末情報の追加・編集・削除機能を追加
+各メニューの表記をMobileSimulatorからFireMobileSimulatorに変更
+アイコンを登録
+Aboutメニューを追加
+SoftBank端末を選択した状態で、OptionメニューからSoftBankの端末製造番号を修正してもすぐに反映されないバグを修正

***Ver0.0.2 -2008/08/16 [#pa6d1150]
+Firefox3のセキュリティ制限により、サイト上の絵文字が表示されないバグを修正(chrome.manifestファイルにcontentaccessibleフラグを付与) 

***Ver0.0.1 -2008/08/16 [#s6be2860]
+新規公開